★一つの重要な視点が「会社の将来」を変えることもあります。          [会員ログイン]
もっとレポートを[新規登録]

経営者の能力向上と、好ましくない「社員の見方」とは

 先日訪問した先の経営者と話していた時のことです。
 その経営者が次のような話をされたのです。

---*---*---*---
「『○○』(経営者向けの雑誌の名前)の購読は止めました。
 社長ばかり精神面を高めると、周りの人間ができていないことに気付き、社員を悪く見てしまう経営者が多いからです。
 やはり社員には気持ち良く仕事をしてもらうことが重要なのではないかと考えますから」
---*---*---*---

 そこで、その経営者に、そのような状態についての考え方を少しお話ししたのですが、この問題を考えてみましょう。

 もちろん、社員には伸びてもらわなければ自社も伸びません。
 そのために社員に対して強く要求することが必要です。

 しかし、そうなっていない、自分が「こうするべきである」と思っているのに目の前にいる社員はそのレベルからははるかにはなれている。

 自分がわかっているから部下も分かっていると思って指示すると、やっていなかったり、わかっていないことが分かったりする。ああ、うちの社員はなぜ分からないのか・・・。

 このように考えてしまうと、社員がいやになります。
 精神を高めるためにその雑誌を読んでいるのに、読んでいると逆の結果になってしまう人が多くなるのです。

 この問題は「経営者として」は解決しておく必要があります。
 自分の精神面を伸ばすと社員がいやになるのでは、精神面を伸ばすことができなくなってしまうからです。経営者は精神面も高めていかなければならないのです。

 そこでこの問題を「心理学の理論」から解明しておくことにしましょう。
 
 まず、社員の多くが自分と同じレベルの意識になると考えることは無理があります。人は役割に応じて意識のレベルが変わるものだからです。
 
 また、次のように思うと社員がいやになってきます。

 経営者の方が社員を見た場合に、
 ─────────────────────────────────
 ・社員が自分(経営者)と同じような意識のレベルで行動していない
     ↓
 ・社員はもっと人間性を高めるべきである
     ↓
 ・不快感
 ─────────────────────────────────

「このように感じるのは当然じゃないか」
 と思われる人も多いと推測されます。
 あなたはいかがでしょうか?

 実は、「不快感」を感じるのは「人間性を高めるべきである」というビリーフ(受け取り方)があるからです。
 部下は部下の論理と感情で行動しているのです。仕事面は別として、人間性の部分であなたの気に入るように行動してくれるとは限らないのです。
 つまり、「人間性を高めるべきである」というのは、筋の通らない受け取り方なのです。これがあなたの「不快感」を引き起こす原因となっているのです。
 
 つまり、物理的世界が直ちに「不快感」を引き起こすのではなく、次のような構造で「不快感」が引き起こされるのです。

 ──────────────
 ・物理的世界
    ↓
 ・現象的世界(受け取り方)
    ↓
 ・感情的世界
 ──────────────

 上の例で言えば、
「社員が自分(経営者)と同じような意識のレベルで行動していない」という物理的世界の出来事が直接「不快感」を引き起こしているのではなく、
「人間性を高めるべきである」という「べき思考」(受け取り方)が「不快感」を引き起こしているのだ、ということです。
 
 これは「論理療法」の考え方です。
「論理療法」とは、カウセリング理論の一つで、「人が自滅の方向に向かうのは、非合理的・非論理的な思考をするからで、この思考に有効な反論を加えて考え方を変化させ、よりよき自己実現、幸福な生活に向かうのを援助しようとする理論」です。

「論理療法」では、「べき思考」を排除すれば「不幸感」を取り除けると考えています。「べきである」とか、「ねばならない」なとどという絶対性はありえないのです。
 先の「社員はもっと人間性を高めるべきである」というのは、実は、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「社員はもっと人間性を高めてほしい」という願望に過ぎない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
のです。

 自分の願望どおりに相手が「人間性を高めるかどうか」は社員にもよるのです。
「社員にはもっと人間性を高めてほしい」と思ったら、人間性を高めるようなきっかけを与えていくことです。
 しかし、社員が「人間性を高めていない」からといって、自分が不快感を覚えたり、部下が嫌になる必要性もないのです。
「社員はもっと人間性を高めるべきである」というような間違った思考をしないで、「社員はもっと人間性を高めてほしい」と考えて、支援をした方が良い、ということです。

 経営者は自分の能力を伸ばしていかなければなりません。
 すると、社員との考え方のギャップは大きくなっていきます。
 その時に、受け取り方を間違わないことが肝要なのです。
 
 あなたはいかがだったでしょうか?

---*---*---*---
参考文献:論理療法について
     「自己変革の心理学」伊藤順康 講談社新書 

※今回のレポートは、『まぐまぐプレミアム版』
 実践!経営アップメール・プレミアム【第20号】[2003/06/24]
 に掲載した記事を掲載しました。

(経営コンサルタント 山田勉)

※ここに掲載したレポートは、
メルマガ「実践!経営アップメール」「会社の◆経営体質を診断する!」
配信したものの一部を掲載しています。
レポートの内容は、最初に公開した当時のまま掲載しています。

能力開発│リンク用URL


・このページのリンク用url

http://www.keieisystem.co.jp/blog/e1/20150512141454.html



【 コメントを投稿 】

名前:

メールアドレス:※メールアドレスは公開されません

コメント:

認証:
次の番号を入力して下さい。【 8855 】

経営コンサルティング・eラーニング・WEB研修・WEB講座作成